わからない

24日につづき、舞台を参議院に移した閉会中審査。

ここでも、安倍首相は加計問題を中心に

野党のきびしい追及が受けた。

その追及の核となっているのが、

前日の「加計学園獣医学部新設を知ったのは、

特区審議会に申請が出された1月20日だった」という発言である。

今治市加計学園は前愛媛県知事

今治市加計学園は一心同体である」と発言していたように、

特区申請が今治市であれば、事業者が加計学園を意味していることは、

加計孝太郎氏と心友である安倍首相が知らないはずがない。

知らない方が不自然である。

でも頑なに、首相はこれを認めようとしない。

知っていたけれど、自分と加計氏とはお互いに

便宜を図るようなつきあいをしていない、と

はっきり言えば済むことなのに。

どうして新しい火種になるような、発言をしたのか、

私にはこの一点が、どうしてもわからない。

絶対に認めてはならない何かがあるのだろうか。

謎が深まるだけである。