幸せのアンテナ

19日は、主人の先輩と3人で東心斎橋のシャンス銀平で食事

この店のリピ率高いなぁと我ながら思う(笑

5000円で飲み放題付き、しかも新鮮な魚、

しかも主人の事務所から近いと3拍子揃うのでリピ率は高くなる。

季節の鱧しゃぶ〜。

は鯛めし〜。

最後はデザート

これで5000円!お腹いっぱい!

主人の先輩Sさんとは初対面でしたが、年齢を聞いてビツクリのお若さ

ずっと音楽関係のお仕事をしてはったそうですが、

やっぱし音楽関係の人、わっかいわぁ〜〜〜と驚いた

今はリタイアしてらっしゃるのですが、

ゴルフしたり食事したりと悠自適

お話をしていて思ったのは、

楽しさは自分で作るということ。

だから、お若いのだと

待っててても楽しさはやってきませんし、

誰もわざわざ楽しませてなんてくれません。

だから、楽しさは自分で作る

これと同じで幸せには自分でなる。

結婚する時に幸せにすると言われても、

相手の考えている幸せと自分の考えている幸せは違うかもしれない

してもらうことに期待するより、

自分で幸せを感じられるようにコントロールするのが一番

例えば、お金持ちで優しい旦那様で優秀でかわいい子供たちがいるとする。

そんな一般的に考えられる幸せの要素がいっぱい揃っていたとしても、

幸せだと感じられるアンテナがなければ、

その人はきっと幸せじゃない

周りからどんなに幸せそうに思われても、

本人が思えなければ、それは幸せじゃないんです

要は気持ち

どう受け取るかという気持ち

それが人生を楽しくするか、

しょ〜もなくするかの大事なポイントなんやと思います

Sさんと話しながらそんなことを考えた

食事の後はミナミでは珍しいシャンパンバーのCavede317へお連れしたら、

これまたすごく喜んでくれはって、めちゃ楽しんでくれはった。

コレ、コレ

Sさんの若さの秘訣は、

楽しみ方のアンテナがめちゃめちゃ敏感だってこと

私もそんな大人になろうっと