富士山を目指してその8

7合目を目指しながら気付いたことは

息が荒くなる。

カメさんペースで、登っていますが、息が続かなくなっている。

一方、相方はスタスタと何事もないように登って行く。

積んでいるエンジンが違う。

7合目到着。

ふと思ったことは、また本7合目は遠いのか?

近いわけないな

そしてこの辺から景色が絶景へと変わって行く。

一番キツかった本7合目

ゲット

ここまで来るとすげー嬉しい。

そして、多くの登山者に声をかけて来た。

やっぱ、北米かEUの人はノリがいいのに比べアジア系(中国、韓国)は挨拶しても無視するか、何か聞いて来る。自分のことしか興味がないように!

それは、北海道武者修行の時も感じていた。

8合目はすぐ上に見える

あとちょっとだ。

ガンバレ

富士山を目指してその9へとつづく